美肌とは?40歳から目指したい理想の美肌のポイント

年齢を重ねるなか増えていく肌悩みを目の当たりにして、毎日ため息をついていませんか?10・20代の頃の自分の肌と比較すると、落ち込む一方。年齢とともに肌が変化していくことを理解して過去と今とをただ比較するのではなく、今の自分にとってベストな美肌を目指しませんか?

今回は、40歳から目指したい理想の美肌と、それに近づくためのケアのポイントなどについてご紹介します。

40歳から肌はゆらぐ?美肌に近づくために知っておきたい肌を取り巻く環境

40歳から目指したい美肌についてお話しする前に、40歳以降の肌を取り巻く環境についてお話ししましょう。

年齢を重ねると、元々肌にあるうるおいに関わる「セラミド」や「NMF」などの成分が減少してしまいます。それに加えて皮脂の分泌量も減ってしまうので、年齢とともに私たちの肌は乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、肌のバリア機能の低下を引き起こします。その結果肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしたり、シワやたるみなどの肌老化を加速させたりする可能性があります。

また、紫外線などの影響や加齢による表情筋の衰え、肌のターンオーバーの遅れなども肌トラブルや肌老化のリスクを高めることに。そして、日頃何気なく続けている生活習慣もその引き金になってしまう可能性があります。

この他個人差はあるものの、40歳くらいから肌の水分保持やハリ、弾力などに関わる女性ホルモンの一種「エストロゲン」が急激に減少していきます。それも肌トラブルや肌老化を引き起こす可能性があります。

減少していく「セラミド」や「NMF」などの成分はサプリメントや化粧品などで補う方法が残されていますが、減少していく「エストロゲン」を同様に補うことはできないといわれています。

そのためあらかじめ自分に起こる身体や肌の変化を知り、先回りをしたケアを行うことで肌悩みを深くしないよう目指してケアしていくことが40歳からは大切なのです。

40歳から目指したい美肌とは?

年齢とともに肌を取り巻く環境がこのように変化していくことを踏まえ、40歳からの美肌の条件について考えてみましょう。まずは肌にうるおいや弾むようなハリがあること。最も基本となる美肌の条件です。

そして、肌にツヤと血色感があること。年齢を重ねるにつれて肌のターンオーバーが遅れ、古い角質が溜まりやすくなります。そうすると肌のツヤだけでなく、明るさや透明感も失われてしまうことに。

このほかシミやシワ、毛穴の開き、キメ乱れなども少なければ少ないほど美肌と言えますが、肌老化の中で最も注意したいのは、たるみです。なぜなら、たるみは顔の印象を大きく変えてしまうからです。

また、肌老化以上に気をつけたいのが、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルです。健やかな肌は美肌に欠かせない条件です。

そのため40歳からはうるおいと弾むようなハリ、ツヤと血色感のある肌を理想に、緩やかな肌老化を目指しましょう。それと同時に肌トラブルを未然に防いでいくことも大切です。

■理想の美肌に近づくために現在の自分の肌状態を知る

理想の美肌に近づくためには、自分の肌状態をしっかりと把握することから始まります。清潔な状態の手で肌に触れてみましょう。手のひらに吸い付くようなうるおい感がありますか?また、肌を軽くつまんでみて内側から跳ね返すようなハリ感がありますか?

次に、明るい自然光が差し込む場所で鏡を近づけ、自分の肌を観察してみましょう。現在の肌状態を知るには正面からだけでなく、横からの姿なども確認することが重要です。ポーズをとらず、できるだけ無表情な状態で確認してみましょう。

フェイスラインの緩みが顔の大きさや印象を変えていないか、頬の位置などが低くなりたるみが気にならないか、シワがあるのはどの部分か、毛穴の開きやキメの状態、シミなどについてもこの機会に確認してみましょう。変化がよくわからない場合には、5年ほど前の写真と比較してみるのもひとつの手です。

このほか、赤みやひりつき、肌の凹凸などがないかといったことや、外的な刺激などに敏感になっていないかといったことも確認しましょう。

気になった肌の状態や変化を手帳にメモすることを習慣にするのもおすすめです。特に生理前や生理中は肌が敏感になるなど変化の時。よく観察し、自分の肌の傾向を掴みましょう。

40歳から美肌を目指すためのケアのポイント

年齢とともに変化していく肌状態を美しく健やかな状態に保つためには、ケアや生活習慣の見直しが大切です。

【1】使い慣れたものより、今の自分の肌に合ったスキンケアをする

肌状態は年齢とともに変化していくことを考えると、使い慣れたものよりも今の自分の肌に合ったスキンケアアイテムを使用した方が美肌を育むためには効果的です。

とはいえ、使い慣れたスキンケアアイテムから他のものに移行することはそう簡単なことではありません。まずは現在の肌悩みにアプローチできそうな美容液を取り入れてみるなど、肌状態を確認しながら少しずつ柔軟にスキンケアアイテムを入れ替えていきましょう。

【2】 季節などに応じたスキンケアをする

私たちが暮らす日本は、四季の変化がはっきりとしています。そのため年中同じスキンケアアイテムを使用し、同じケアをしていたら今ある肌悩みを深くしてしまう可能性があります。

例えば春や秋は、花粉の季節。外的刺激から肌を守る効果が期待できる日焼け止めなどを使用し、自分自身のバリア機能を高めるために保湿ケアを重視しましょう。

夏であれば皮脂対策と紫外線対策が重要で、うっかり浴びてしまった紫外線に対する美白ケアは夏以降も継続して行う必要があります。

冬は、気温や湿度の低下が著しい季節。しっかりと肌を保湿し、バリア機能を高めることで肌トラブルや肌老化を防ぎましょう。冷えによる血行不良へのアプローチとしてスチーマーや蒸しタオルの使用などもおすすめです。

【3】 肌老化や肌トラブルを加速させる可能性があるNG習慣を見直す

現在感じている肌老化や肌トラブルが、何気なく続けている習慣と密接な関わりを持つ場合があります。例えばスマホの利用時間が長く、うつむき加減で使用する習慣がある方はたるみを助長させます。

自宅で過ごす時や曇りの日、秋冬は日焼け止めを塗らないという方も、シミやシワ、たるなどの肌老化を加速させてしまうことに。枕カバーも頻繁に洗わなければ、肌荒れなどを引き起こす可能性があります。

【4】 ストレスを溜め込まない

ストレスも美肌の大敵。人がストレスを感じるとバリア機能が低下したり、ホルモンバランスが乱れたりすることがわかっています。年齢を重ねて感じる肌や身体の変化にストレスを感じることもあるかもしれませんが、人と自分を比べない、打ち込める趣味を持つなどしてストレスは溜め込まないようにしましょう。

【5】 表情筋を鍛える

年齢とともに衰えていく表情筋を鍛えることも美肌のためには必要です。日頃から口角を上げることを意識し、よく噛んで食べるのはもちろんのこと、表情筋を鍛える効果のある顔ヨガなどを取り入れるのもおすすめです。

【6】 睡眠の質を上げる

40歳くらいからエストロゲンの急激な減少によって不眠に悩む方が増えてきます。継続的に不眠に悩まされると、肌老化を促進したり、肌トラブルを引き起こしたりするリスクが高まります。

睡眠時間にこだわるよりも睡眠の質を上げる努力をしましょう。アロマなどの力を借りるのもおすすめですが、就寝間際までスマホを使用しない、眠る前にストレッチをするといった生活習慣の見直しも大切です。

【7】 食生活

私たちの肌は日々口にしたものから作られていることを考えると、食生活も大切です。バランスの悪い食事や食べ過ぎ、脂っぽい食事などは美肌の大敵になると考えられます。

また、カフェインや砂糖を含んだ飲料ばかり口にしていては水分が足りず、肌トラブルや肌老化を加速させる恐れがあります。

水分をしっかりと補給しつつ、3大栄養素やビタミン、ミネラルをバランスよくとれるような食事を心がけましょう。

今回は、40歳が目指したい理想の美肌と、それに近づくために具体的にどのようなことをしていけばいいのかといったケアのポイントなどについてご紹介しました。ぜひ参考にしていただき、ご自分にとってベストな美肌を目指してケアに取り組んでみてください。


執筆: 遠藤幸子

アットコスメ公認ビューティストに認定されたのを機に
エイジング美容研究家、美容ライターとしての活動をスタート。
ウェブや雑誌にて美容コラムの執筆・監修を行うほか
テレビやラジオ、新聞、雑誌などのメディアに出演。
コスメブランドなどの広告やインスタグラムの運用も手掛ける。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向け美容情報を日々

前の記事

植物プラセンタとは?後編